借入とローンについて

借入とローンについて

借入とローンについて

「借入」とは「かりいれ」または、「しゃくにゅう」と読み、借り入れる事を言います。一般の市中銀行は日本銀行からお金を借入れたり、国債を売ったりすることによりお金を調達し、そのお金を動かすことにより事業を展開します。我々一般人は、その銀行からのお金を使いながら日々の生活を営んでいます。銀行からのお金の中には、銀行から直接借入れたものもあるでしょうし、自分が勤めている会社から給料として受け取ったものもあるでしょう。会社の給料という形で手にしたお金であっても、本を正せば自分の会社を含む世の中のすべての会社いずれかが市中銀行から借入れすることによって調達されたものです。社会は無数の借入れとそれに伴う返済という営みにより成り立っています。

 

会社がお金を借りるには借入先にはいろいろなところがあります。普通真っ先に思い浮かぶのが市中の普通銀行ですが、もっと金利が安く、しかも審査も比較的緩くて借りやすく長期間借りさせてくれる金融機関が国民生活金融公庫です。

 

ある人がある日突然何の付き合いもない銀行を訪れ、「会社を始めたいのでお金を貸してもらえますか?」と話したところでほぼ100%融資は断られます。一般の銀行は貸す相手の実績を重視します。最近では銀行もその事業内容の将来性を評価する方向に傾いてきてはおりますが、担保も実績も全くない人に銀行がお金を貸すことはまずありえません。国民生活金融公庫は国が設立した金融機関であって、営利目的の民間の銀行とは活動目的が違います。国の経済が活発かつ健全に発展することを目的としています。

 

民間銀行であれば、どうしても大企業が優先されがちですが、国民生活金融公庫であれば取り引き実績のない中小零細企業の経営者でも親切に相談に乗ってくれます。民間の銀行が相手してくれない中小零細企業への融資こそが国民生活金融公庫の役割だと言っても良いかもしれません。しかし、開業計画がいい加減ではさすがに融資を受け付けてはくれません。いくら生まれて初めての会社経営であっても、自分なりにしっかりした計画を立てる必要があります。もちろん生まれて初めてであれば、100%の計画を立てるのはまず不可能です。国民生活金融公庫の職員はそういった人たちを数多く相手にしてきていますので、その辺はよくわかっています。とにかくこちらは誠意を持って真剣に説明することです。その計画が納得のいくものであれば融資を認めてくれるでしょう。

 

プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)
 30日間の無利息サービス、パートやアルバイトでも利用可
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)のWEB契約は店舗に足を運ぶ必要はなく、審査に通れば当日にお金を振り込んでくれます(※平日14時までにWEB契約完了が必要)。返済期日を自分で選択することができるので、お給料日にあわせて計画的に返済をすることができ、便利です。申し込みができる年齢は20歳以上69歳以下と幅広く、主婦、学生、パート、アルバイトであっても安定した収入があれば申し込みをすることができます。担保や保証人も不要なので、家族や友達に頼らず、自分のペースで利用することができます。プロミス(※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。)の提携チャンネルネットワークは広いので、全国各地のATMで利用が可能です。

公式サイトはこちら

実質年率

限度額

審査スピード

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分